kashipanuni jugem

日々のこと
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ハゼ釣り | main | 植田正治写真美術館 >>

木次(きすき)でスチール班会

映画塾で撮影した膨大な写真の絞り込み作業第2弾を、木次のチェリバホールの一室をお借りして行いました。
なんとか1作品50枚前後に落ち着きましたが、実際にパネルになるのは10枚程度・・・とはいえ12作品あるので120枚と考えると相当な数です。
今後の作業もまだまだあるのですが、今日はひとまず考えるのはやめよう。

作業の後は、ちょっとした撮影会。

雨上がりの公園の片隅にて。
実と雫と夕日と。



タテ、ヨコ、ナナメ、グルグル。
島根映画祭 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

こんばんは、ご苦労様です。
ところでtenkoさん
松江城大茶会には行きますか?
ニュースで見たんですが盛大な茶会みたいですね。
もし様子がわかったら知らせて下され。
よろしく。
ジバゴ | 2005/10/08 11:19 PM
松江のお茶会はとっても盛大で楽しいですよ!!!
ここのところ毎年出かけていましたが、
今年は行ってないんです(>_<)
でも、ミニ情報!今年は
(1)三斎流(抹茶)      
(2)表千家(抹茶)
(3)小笠原流(煎茶)     
(4)素心流(煎茶)
(5)武者小路千家(抹茶)  
(6)方円流(煎茶)
(7)不昧流大円会(抹茶)  
(8)羽楽流(煎茶)
という流派が茶席をもうけていたようです。
このお茶会のいいところは、普段着のまま(着物の方もいらっしゃいますが)作法がよくわからない人でも気軽にいろんな流派のお茶席を楽しめることです。
一席だけふらっと入ってみるのもよし、何席か入ってみて流派の違いを楽しむのもよし。秋のさわやかな空の下、とても優雅な気分が味わえます。
それぞれにいろんな趣向をこらしたしつらいがしてあって、お花、掛け軸、お道具などについても待ち時間の間に丁寧に説明してくださってとても勉強になりますよ。
そして、お菓子!茶所松江というだけあってお菓子屋さんもたくさんあるのですが、各流派の趣向にあったお菓子を丁寧に作っておられます。これがまた楽しみでもあるんですよね。

ジバゴさんにもぜひ楽しんでいただきたいです。
tenko | 2005/10/09 11:26 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE