kashipanuni jugem

日々のこと
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

しまね映画祭2005クロージングイベント

しまね映画祭映画塾の作品発表会が
雲南市木次町のチェリバホールで行われました。
3日間の撮影合宿で撮ったものを
5分の作品に編集したものが12本!
なかなか見ごたえがありました。
撮影スタッフ、キャストのみなさん本当にお疲れさまでした。

くわしくいろいろ書きたいところですが
この一週間、発狂しそうになりながら
スチールで追い掛けた組の写真集を作っていたので
ちょっと、ホッとしたい。
なんだか頭も痛い。
これはきっと知恵熱だわ・・・


帰ってきたら、注文していた
『大人の科学マガジン(プラネタリウムの付録付き)』
が届いていて、うふふ。

でも、今日は、もう寝ることにしよう。
島根映画祭 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

四日間の奇蹟

木次のチェリバホールで『四日間の奇蹟』を観てきました。劇場で観るつもりだったのに見逃してしまっていたので、近くで上映されてラッキーでした。

ピアニストになる夢を絶たれた青年役に吉岡秀隆さん、その青年が命を救ったピアノの天才少女役に尾高杏奈さん、そして医療センターで働くヒロイン役には石田ゆり子さん。

落雷事故で生死をさまようヒロインの心の動きを丁寧に描いた作品で、とても静かで心に染み入る映画でした。音と光が効果的に使われていたのでテレビ画面ではなく、やはりスクリーンで観るべき映画だと感じました。
島根映画祭 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

木次(きすき)でスチール班会

映画塾で撮影した膨大な写真の絞り込み作業第2弾を、木次のチェリバホールの一室をお借りして行いました。
なんとか1作品50枚前後に落ち着きましたが、実際にパネルになるのは10枚程度・・・とはいえ12作品あるので120枚と考えると相当な数です。
今後の作業もまだまだあるのですが、今日はひとまず考えるのはやめよう。

作業の後は、ちょっとした撮影会。

雨上がりの公園の片隅にて。
実と雫と夕日と。



タテ、ヨコ、ナナメ、グルグル。
島根映画祭 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE